10/15

土曜日は東大阪の家のクライアントと打ち合わせ。

ご相談をいただいてからかれこれ2年半。

なんとか土地もみつかり計画にさしかかる。

ご夫婦ともに2年半前に知り合ったとは思えないほど

もっと昔からの長いつきあいのようなフィーリング。



午後は場所を移してご一緒に木村家本舗へ。

R0015190.JPG


お世話になっている工務店の社長さんの家。

なんとクライアントの先輩がここの大工とのことで

不思議な偶然か必然の縁があり...

R0015193.JPG


庭や、建具、キッチン、壁の仕上げ、家具などの話をしたり

触れながら談笑。

R0015229.JPG

生ビールや珈琲もあり 本当は庭を見ながらゆっくりビールと

いきたいところだが、この後も仕事...

R0015214.JPG

吉村順三の軽井沢の山荘が好きなクライアントは

庭の緑にうっとり。

R0015270.JPG

そういえば、ウチにご相談に来られる方は

なぜか吉村順三や石井修先生の建築が好きな方が多い。


1時間ほどゆっくりしながら

古書も販売していたので、吉阪隆正の「住居学」と

芦原義信の「隠れた秩序」を買う。

場所を移し、作業場での写真展や、「まちのえんがわ」を見学。

無垢の厚板に寝転びながら両腕、両足をスリスリするお子さん。

R0015325.JPG


柱は先輩の大工さんがカンナ掛けしたとのことで

みんなが手をスリスリしていると

柱にスリスリほおずり☆


よく建築家が壁や柱を触るのはあるが

ほおずりと素足で背面平泳ぎするお子さんを目にしたからには、

クライアントと無垢材の予算確保は必ずせねばとお互い誓う。


柱はペーパーして繊維を壊した材とは違い、

吸い付くような手触り感。

無垢や自然素材という言葉が

営利的に安易に使われるようになって

言葉に安っぽさがついてしまったが

やはり適材適所に使われている無垢材はいい。



ISHIKAWA

地鎮祭 苦楽園の家

気づけばBLOGがかなりのご無沙汰。


っで、先日苦楽園で地鎮祭がありました。

ここまでは大まかに

基本設計でプランを練り、実施設計で詳細図等の検討や

設備など具体的な検討、そして見積と見積調整、確認申請を経て

地鎮祭に至るわけですが峠を少し越えたあたり。


見積とご予算の調整の目処も立ってホッとしたところ。

しかし現場監理も何かとドラマがあるのでここからも大変です。

建て主さんが喜んで頂けるように。

後半戦が始まります。

IMGP7729.JPG

IMGP7825.JPG

IMGP7763.JPG


IMGP7845.JPG






posted by tiaaa at 11:01兵庫 ☁日記