SUS

クライアントといつもお世話になっているKOBE STYLE キッチンさんへ。

ステンレスについてみんなで、あーだこーだと

持論と思いを展開しながら

やっぱり5Rの角のシンクはきれいですねーとか

IMGP2872.jpg

IHは... 食洗機は...水栓はシンプルな...と

わいわいとコストのこともあるので、まさに冷静と情熱の狭間で葛藤し続けます。

IMGP2868.jpg

さてどんなキッチンになるか...

翌日は、現地で構造の下山氏や監督らと試掘と地盤改良の検討。

現地でしっかりチェックをして適切で安全な構造にしていきます。

IMGP2879.jpg

この"適切"というのが重要で、

構造家やハウスメーカーによってはコストや規模に対して過剰な設計をしたり

あるいは基準法さえクリアしておけばよいといった理念もない構造でないことがあります。

適切な構造、その場所とクライアントにふさわしい本質的な建築でありたい。


石川がきれいな蘭の花とともに現場から戻ってきました。

IMGP2984.JPG
建主さんからいただいたとのこと。

私たちの事務所に清楚さが加わりました。
ありがとうございます。

蘭の鉢を見ると、
昔、父親がベランダで蘭の花を育てていて、
花をきれいに咲かせるたびに、
自分の世話が上手だからだ、愛情だと自慢げに話していたのを思い出します。

私もまた、きれいな花を咲かせてもらうために、
この蘭に愛情たっぷり注ぎたいと思います。

NANAE
posted by tiaaa at 15:45兵庫 ☁日記

ほたる

蛍が夙川でまだ見れるということで皆でかけつけました。

毎日散歩しているおじいさんによると

この前の雨のあがった夜は蛍の絨毯だったとかで、

そろそろ今日、明日ぐらいが見納めのようですが、

いっこうに現れない。

hota1.jpg

だんだん観客も増え「出るんかいな」という

気持ちもありながら、

あきらめかけたその時、

小学生が阪急の橋梁を指差し、「出た!」というので

みるとゆらゆらと光が。

「おお!」と皆感動したとおもったら

黄色からゆっくりと緑に色がかわり

青に変わり、赤色に???

「赤になったで!?」という間もなく

犬の影が見え

首輪についているLEDと判明したのでした。

hot2.jpg
間近に近づいてきた犬蛍。20秒の露出のため光のみが写ってます。

結局、光の絨毯とはいきませんでしたが

数匹飛んでいるのが見えました。
hot3.jpg

家の前にもよく毎年飛んできていたので明るいところでみていた蛍と

暗闇と緑のにおい、水の音のするなかでみる蛍とは違った趣が。

住民の方や住民を主体とした蛍を増やす会の人が幼虫を放流されているそうです。

虫取り網を持っていた子が気になりましたが

毎年すこしづつ自然に増えていってほしいものです。





posted by tiaaa at 23:26兵庫 ☀日記