2015

間もなく2月。

衝撃的なコヨミの進み具合で、

それは個人的な時間の感覚であるわけですが、

慌ただしい日々が始まっています。


1/17は阪神淡路大震災20年という節目で

節目というのは大事ではあるけども

様々な思いをいだきながら迎える日々でした。


でも、その20年という節目は、やっぱり振り返る時期としては鮮烈で、

それはあの東北のことが、さらに震災や、自然災害への

意識を色濃くしているのかもしれません。


建築というのは、基本的に人の表皮の外に位置する

外皮であり、雨・風や天敵をしのぐシェルターであり。。。

電車の席の隅に座れば真ん中より落ち着き、

明るい外部よりも、壁のそばの少し暗い室内の方が落ちついたり、

大きな木の下にいると、ついつい寄り添いたくなったり、

壁や屋根、床 などは身体の延長にある被いでもある一方で、


時には、建築そのものが命や、大事なものを

奪うものにもなり得るということです。


建築を計画するときには、必ず20年前のあの光景、

言葉の断片がよぎります。


それはあえて意識をしていないけども、

設計者として本質的な用途も振り返りながら、

1つ1つの建築に携わる度に。




今年も、2015年という一つのくくりの中で

また様々な方と出会い、ご縁があり、

色んな事が生まれて行くことを楽しみにしています。








 






posted by tiaaa at 23:11兵庫 ☔日記