改修からの新築

長かった…

ご予算の関係もあって改修の計画からスタートし、
それなりに腐食や構造の不成立、補強等覚悟の上望んだ計画も、
着工し、解体してみると関係者も立ちすくむほどの状態。
軸組は構造としての機能を、想像よりも有るかに有しておらず、
桁、胴差し、基礎、土台が再利用や補強もできず、
基礎は無筋、アンカー無しはそれなりに想定内としても
桁、胴差しが90x90mmや105x105mmで
しかも途中で途切れていたり、屋根も全面やり直しなど、
改修のメリットもなく、

色んな話し合いの中で、震災に運良く持ちこたたと、
前向きにとらえていただき急遽新築となりました。

写真.JPG

IPK34906.jpg

IPK34850.jpg

IPK34886.jpg

IPK34841.jpg


posted by tiaaa at 11:07兵庫 ☁日記

竣工後

クライアントに素敵な会を催していただきました。
竣工から3ヶ月、工事中、引渡後とはまた違った
ものになります。
30人近い関係者を招いていただき、
いろんな思い出話を緑をみながら、酒を酌み交わしながら、
心地よい次回を過ごさせていただきました。

いつもお心遣いがうれしいです。



00C.jpg

00E.jpg

00A.jpg



posted by tiaaa at 09:43日記

手間

手間。
手間と聞くと良い意味でとらえられないような言葉ですが、
手をかけ、時間をかけ、
面倒でも建設的で意義があり、時間をかけることで
比較をする事ができない質や豊かさを求めていきます。


枠納まりを1:1の原寸で書いていただいています。
毎回、イチからの検討。
その都度納まりを考えて行きます。
手作りなので、既製品のように完璧ではないところも出てきます。
考え抜いて検討した末にうまくいかないことも、
時にはありますが、最善を尽くします。


003.jpg

001.jpg

002.jpg

断熱材も細かすぎます。

00003.jpg

00002.jpg

00001.jpg


posted by tiaaa at 11:13兵庫 ☁日記